手入れで長持ちできる

技ありテクニック

みなさんはそのくらいのペースでネイルサロンに行っていますか。ネイルの持ちは人それぞれで、1ヶ月以上持つという人もいれば1週間でとれてしまうという人もいます。もちろん、ネイルの種類や行っているネイルサロン、生活スタイルによって異なりますが、少しでも長持ちさせるのにはちょっとしたテクニックが必要になります。まずは、ネイルサロンに行く前に、手を洗い爪をキレイにした状態で行きましょう。爪に油分が付いた状態だと、ネイルが定着しにくくなります。次に、甘皮を保湿しましょう。ネイルをする際には、甘皮を削ることが多く、これを放置しておくと、乾燥してしまいます。その為、爪が弱くなり、ネイルが浮いてしまうのです。他にも、ネイルを長持ちさせるための工夫がありますので、次で詳しく紹介していきます。

工夫次第でネイルが長持ち

ネイルを長持ちさせる為に工夫することについて更に詳しくご紹介します。まずは、週に1回はトップコートを塗ることです。これは、浮いてきたネイルを抑える効果があります。次に、指先を使うときには手袋や軍手を使うことです。何かに引っ掛けてしまったり、傷を付けてしまわないよう注意が必要です。他にも、水仕事や手を洗った際には、こまめにハンドクリームを塗ることです。軽く水気を拭き取ってから、クリームを体温で温めて、やわらかくしてからマッサージするように塗り込むと、より効果的です。最後に、爪が伸びてきたときは、切らずにやすりで削ると良いです。いかがでしたか。このように、少し工夫することによって、ネイルの持ちが変わってきます。是非、ネイルサロンに行くときには試してみてくださいね。